母乳育児 悩み

授乳時間があくと張って痛い

 

 

産後すぐから母乳が出やすい体質だったため、こまめに授乳しないとすぐに固くなりました。そのため、出かけたり、着物を着たりすることが出来ませんでした。夜も子供が3時間以上寝てしまうときにはカチカチに固くなり、痛くて起きてしまうくらいでした。なのですやすや寝てくれている子供をこまめに起こさなければならず、全然眠れませんでした。乳腺炎になりかけたときもあり、常に母乳のケアをしないと痛くて普通の生活が出来なかったのが大変でした。体力的にも精神的にも辛く、大変でした。夫もその辛さは分からないのか、母乳で育てているのは偉いと言ってくれてはいたものの、子供が泣くとおっぱいをやれだの、主婦は眠れないのは当然だだのと言われ、毎日疲れました。また、食べ物にも気を使わなければならず、大好きな韓国料理が食べれない、スイーツが食べれない、ラーメンが食べれない、お酒が飲めない、アルコールの入ったお菓子も食べられない、と、ストレスも溜まりました。

 

 

母乳育児中にも、葉酸サプリを摂取すると良いということをご存知ですか?
葉酸には、母乳の質を高めたり、出やすくしたりする効果があるのです。産後の子宮の回復も早めてくれますよ。
人気のアサヒのディアナチュラ葉酸サプリはどのようなサプリメントなのかを知っておくと、葉酸サプリ選びがスムーズになります。

 

また、葉酸サプリには意外な効果もあるということをご存知ですか?
もう一人欲しいと思った時のために、葉酸サプリの効果について知識をつけておきましょう!

 

ネイチャーメイド葉酸サプリについても、どのようなサプリメントなのかを知っておくことをおすすめします。

 

母乳マッサージ

 

 

最初にかちかちに固くどうしようもなくなった時に行ったのが母乳マッサージです。私は桶谷式のマッサージに行きました。そこで母乳をほぐしてもうらうことで、かなり痛みが改善されるので、なくてはならない場所でした。他の助産院に行って母乳マッサージを受けたこともありますが、私には合わなかったのか痛みが取れずむしろ悪化してしまったこともあり、母乳マッサージは桶谷式と決めています。そこで食事の改善方法、授乳の仕方や回数などを詳しく教えてもらったり、相談にのってもらったりしていたので心強かったです。食事は最初はストイックにしていたのですが、月齢が大きくなるにつれて母乳トラブルも少なくなってきたため、最後のほうは甘いものも普通に食べていました。ただ、なるべく身体を冷やさないようにし、子供に母乳をあげるときは集中してあげるようにはずっと心がけていました。何かあればすぐ母乳マッサージでしぼってもらうようにしていたのが解決策です。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪